クレジットカード現金化の流れと手順をカンタンに解説

クレジットカード現金化の優良店を387人の口コミから徹底比較【クレラボ】 > 現金化の仕組み > クレジットカード現金化の流れと手順をカンタンに解説

現金化業者を使ったときの流れ・手順まとめ

クレジットカード現金化には自分でする方法もありますが、基本的には業者を使った方法が一般的です。

 

やはり、現金化の利用者は今すぐにお金がほしいと考えている人が多く、即日中に現金を用意できる現金化業者を使ったほうが利便性高いということなのでしょう。

家でゴロゴロしてるだけで入金されてるだなんて楽ですよね。

 

しかし、現金化を利用したことのない初心者の方だと、
「現金化業者に連絡をするのが怖い」
なんて不安を抱えている人も多いことだと思います。

 

誰しも初めて挑戦することには緊張や不安がありますし、それがクレジットカード現金化であれば尚更のことでしょう。

 

そんな不安を解消するためには現金化業者の一連の取引の流れを知っておくことが効果的です。

一連の流れを知っていれば悪徳業者に申し込みをしてしまった場合にもすぐに怪しいと気づいて詐欺被害を回避することができます。

 

知っておいて損のないことなので、ぜひ現金化を利用する前に取引の流れを知っておきましょう。

ここでは、クレジットカード現金化業者を使ったときの取引の流れについてカンタンにお話いたします。

 

クレジットカード現金化の仕組み

クレジットカード現金化の仕組み

 

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠が備わっています。

 

ショッピング枠とはその名の通り、ショッピングで利用できる限度額のこと。

キャッシング枠はお金が借りれる限度額のことですね。

 

キャッシング枠を使えばカードでお金を借りることが可能です。

しかし、このキャッシング枠はショッピング枠に比べて枠が少なく、ショッピング枠が50万円だとすればキャッシング枠は20万円ほどしかありません。

 

そのため、利用限度額は50万円でも20万円までしか現金として引き出すことはできないのです。

 

そこで役立つのがクレジットカード現金化です。

クレジットカード現金化はカードのショッピング枠を現金に換金する行為のことで本来なら現金にできないショッピング枠をお金にすることができるのです。

 

どうしても現金が必要で困っているとき。

こちらの方法ならあなたの大きな助けとなってくれるでしょう。

 

【関連ページ】

クレジットカード現金化の仕組みを徹底解説

クレジットカード現金化で即日振込したいなら取引方法に注目!

 

現金化業者を使ったときの取引の手順・流れ

現金化業者を使ったときの手順・流れ

 

クレジットカード現金化なら誰でもカンタンにお金を用意することができます。

 

しかし、買い物をするためのショッピング枠はカード会社に問い合わせても現金として引き出すことはできません。

そのため、専門のネットで営業をする業者を利用しなければならないのです。

 

次はその業者を利用する手順・流れを順を追って説明していきましょう。

 

①ショッピング枠残高の確認をする

ショッピング枠の残高を確認する

 

一番最初ですが、これが一番大切な項目です。

 

クレジットカード現金化を利用する前に、必ずショッピング枠の残高を確認しておきましょう。

クレジットカード現金化はショッピング枠を換金するものなので残高が無ければ利用することはできません。

 

そして、残高以上のショッピング枠を使おうとするとカードが利用停止にされてしまう可能性もあるのです。

 

【三井住友VISAカードの利用規約】

当社は、会員が利用枠を超えた利用をした場合またはしようとした場合、利用枠以内であっても短時間に換金性商品を連続して購入する等カードの利用状況が不審な場合、若しくは延滞が発生する等の利用代金の支払状況等の事情によっては、カードショッピング、キャッシングリボ及び海外キャッシュサービスの全部またはいずれかの利用を一時的にお断りすることがあります。 引用:三井住友VISAカードの各種規約

 

もし、ショッピング枠を確認せずに残高以上に使おうとしてしまえばカードが利用停止になってしまうかもしれません。

現金化を利用するときはショッピング枠を確認してからにしましょう。

 

②申し込みをする

現金化業者に申し込みをする

 

現金化業者を使うためには申し込みをしなければなりません。

 

どこの現金化業者にも申し込みフォームがありますので、そちらから申し込みをしましょう。

 

また、電話からでも申し込みはできますが、その場合は情報伝達に時間と手間がかかる恐れがあります。

スムーズに取引を進めるためには事前に申し込みをしておくのがよいでしょう。

 

③電話で契約内容を確認する

電話で契約内容を確認する

 

申し込みをしましたらすぐに現金化業者から電話が掛かってきます。

その電話を取って、換金率や入金時間などの契約内容を確認しましょう。

 

現金化ではサイト内に表記されている換金率は誇大広告であることが多く、ほとんどの場合でその換金率では取引することができません。

そのため、実際の契約内容を確認して業者を選ぶ必要があるのです。

 

契約内容は交渉によっても良くすることができますので、もし言われた契約内容に不満があるなら業者に伝えてみてくださいね。

 

④本人確認をする

現金化の本人確認について

 

契約内容が決まりましたら本人確認をします。

これは利用者の身元を確認するための手順ですね。

 

運転免許証などの顔写真のついた身分証の