返品を使ったクレジットカード現金化の方法・注意点まとめ

クレジットカード現金化の優良店を387人の口コミから徹底比較【クレラボ】 > 現金化の方法 > 返品を使ったクレジットカード現金化の方法・注意点まとめ

返品を使った現金化の方法を解説!

自分でする現金化の方法には商品を転売する方法以外にも、返品を使った方法もあります。

 

返品なら使ったショッピング枠をそのまま受け取れますので換金率100%で現金化ができるのです。

 

換金率100%で現金化ができるのは魅力的ですよね。

業者を使った方法では優良店でも換金率80%~85%なので圧倒的にお得な方法と言えるでしょう。

 

しかし、この方法は本当に現実的に可能な方法なのでしょうか?

 

返品を使った現金化の方法について

 

というのも換金率100%で現金化ができるのにも関わらず、実際の返品で現金化をしている人を見たことがありません。

 

画期的な方法にも思えますが、多くの人がやっていないということは何かしらの問題があるはず。

とても気になったので返品を使った現金化について詳しく調べてみました!

 

返品を使って現金化をしようと考えている方はぜひ最後まで読んでいってくださいね。

 

返品を使った現金化の方法はカンタン

返品を使った現金化の方法は簡単

 

クレジットカード現金化は返品を使っても可能な方法です。

 

  • カードで商品を購入する

  • カード決済をキャンセルする

  • 使ったショッピング枠が現金で返金される

 

手順はたったこれだけなのでカンタンですね。

利用者がするのは商品を購入することと返品することだけなのでクレジットカードのショッピング枠さえあれば誰でも現金化をすることができます。

 

換金率も100%で取引ができますのでまさに夢のような方法と言えるでしょう。

 

返品を使った現金化で効率の良い方法について

効率の良い返品現金化の方法

 

返品を使った方法とひとことに言っても店舗が返品を受け付けてくれない場合もあります。

そうなれば当然お金を受け取ることはできませんので、ただショッピングをしただけとなってしまいます。

 

そうならないためにも返品を使った現金化では効率の良い方法ですることが大切です。

返品を使った現金化には効率の良い方法が2つありますので、それぞれを確認してみましょう。

 

ユニクロ・ドンキホーテで返品する

ドンキホーテ・ユニクロで返品

 

ユニクロ・ドンキホーテではレシートがあって未開封の商品であれば返品を受け付けています。

そして、即座に返品しても現金で返金してくれるのです。

商品の品数も多く、単価もそこそこ高いので効率的に現金化ができるでしょう。

 

ただし、当然ですがユニクロ・ドンキホーテで返品をするためには来店をしなければなりません。

また、怪しまれないように返品する手間がかかりますので多少の時間がかかると考えておいたほうが良いでしょう。

 

コンビニでタバコをキャンセルする

コンビニでタバコを返品する

 

コンビニでタバコを購入してキャンセル、返金する方法も効果的です。

タバコは単価が高いのでカートンで購入すれば数万円の現金化をすることもできるでしょう。

商品を小さいので持ち運びやすいのもメリットのひとつです。

 

ただし、コンビニで返品する場合は商品購入日から3日待たないとカード決済が確定されません。

確定されなければ返金ではなく、決済をキャンセルするだけとなってしまいますので、即日現金化はできないのです。

こちらの方法は多少の時間がかかると覚えておいたほうが良いでしょう。

 

現金化を返品でするときの注意点

返品でする現金化の注意点

 

どちらの方法を使えば返品で現金化をすることもできます。 返品を使った現金化をするときは好きな方法を選んでくださいね。

 

また、この方法ですが利用する前にいくつかの注意点があります。 どれも大切なことなので返品で現金化する前に覚えておきましょう。

 

何十万もの高額の現金化はできない

高額の現金化はできない

 

返品を使った方法で高額の現金化をしようとすれば、それだけ多額の商品を購入しなければなりません。 何十万円ともなれば返品する商品の数は果てしないものになってしまいます。

 

この方法はあくまでも多くて数万円を用意するもので高額の現金化は難しいと思っておきましょう。

 

何度も使える方法ではない

何度も使える方法ではない

 

法律上では、商品の不備が確認できなかった場合、店舗は返品を受け付けなくても良いことになっています。 そのため、明らかに現金化目的だとばれてしまうと返品を受け付けてくれなくなってしまうのです。

 

店舗が返品を受け付けてくれるのはモラルがあるからです。 何度も使ってしまうと返品を受け付けてくれなくなってしまいますので何度も使える方法ではありません。

 

利用停止になる危険性がある

クレジットカードが利用停止になる

 

クレジットカードのショッピング枠を現金化する行為はカード会社の利用規約で禁止されている行為です。 そのため、現金化行為が発覚してしまうとカードを利用停止にされてしまうのです。

 

返品を使った方法は現金化行為だとは思われにくいとはいえ、短いスパンで返品をくり返していれば必ず怪しまれることになります。

 

結果、カードが利用停止になってしまう可能性も考えられますので返品を使った現金化の多用はやめておいたほうがいいでしょう。

 

返品を使った現金化は高換金率だが危険

返品を使った現金化は危険

 

いかがでしたか?

 

返品を使った現金化は換金率100%で取引できますが、利便性は悪いものです。

 

高額の現金化はできない、何度もできる方法ではない、利用停止のリスクがある・・・。

あまり良い方法とは言えませんよね。

 

少額の現金化をするときは役立ちそうですが、数万円以上ほしいときには現金化業者を使った方がよさそうです。

業者を使った方法でも優良店を利用すれば換金率85%ほどで現金化をすることもできますので、そちらを利用することをオススメします。

 

その優良店はこちらでご紹介していますので、実際に現金化をするときはぜひ参考にしてみてくださいね。