転売を使ったクレジットカード現金化の方法と注意点をまとめてみた

クレジットカード現金化の優良店を387人の口コミから徹底比較【クレラボ】 > カードに関する基礎コラム > 転売を使ったクレジットカード現金化の方法と注意点をまとめてみた

転売を使ったクレジットカード現金化の方法と注意点

 

ここでは、転売を使ったクレジットカード現金化をご紹介いたします。

 

クレジットカード現金化と聞くと何だか難しそうに思えるかもしれませんが、実は商品を転売するだけでもクレジットカード現金化は可能です。

 

その方法はクレジットカードで買った商品を別店舗で転売するだけなので、誰でも簡単にクレジットカード現金化ができますね。

 

とはいえ、この転売を使ったクレジットカード現金化にもリスクがありますので、利用するときには注意が必要です。

 

この記事では、そんな転売を使ったクレジットカード現金化のメリットや注意点をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

転売を使って現金化するメリット

転売を使って現金化するメリット

 

転売を使って現金化をする最大のメリットは業者を使わなくて済むことです。

 

自分で商品を買って売却するだけでOKなので、業者に申込みをする必要はありませんし手数料も支払う必要はありません。

 

業者を使わなくていいのは安心できますね。

 

また、商品によっては業者に依頼するより高い換金率で現金化ができることもありますので、高い換金率も魅力のひとつと言えます。

 

転売で現金化をするときの注意点/リスク

転売で現金化をするときの注意点/リスク

 

転売で現金化をした場合のデメリットは購入する商品の価値によって換金率が変動してしまうことです。

 

この方法では売却できた商品の金額分が換金率になりますので、買取価格が低ければ換金率も悪い数値になってしまいます。

 

購入する商品の選択ひとつで換金率が大幅に変動しますので注意が必要です。

 

また、換金率の高い商品を大量に購入するとクレジットカード会社より確認の連絡が来ることもあり、現金化がバレるとカードが利用停止にされてしまいます。

 

(詳しくは『クレジットカード現金化の利用停止を防ぐ最強の方法』)

 

転売の現金化は自分でできる代わりにリスクの高い方法となっていますので、利用は自己責任でおこないましょう。

 

転売を使って現金化をする方法/手順

転売を使って現金化をする方法/手順

 

転売で現金化をする場合の具体的な手順は以下の4STEPとなります。

  • クレジットカードで商品を買う。

  • 別店舗に買った商品を持ち込む。

  • 売却して現金化する。

参考:クレジットカード現金化の商品買取方式について徹底解説!

 

所謂、商品買取方式と呼ばれる方法と一緒ですね。

 

また、このときに購入する商品は高く転売できる物を選ぶことが重要です。

 

高く転売できる商品

 

高く転売できる商品は以下のような物が挙げられます。

  • ブランド品

  • 新幹線チケット・切符

  • ギフト券・商品券

  • ゲーム本体・ソフト

どれも原価に近い買取がされているため、初心者の方でも比較的簡単に転売ができます。

 

また、ネット上でも買取価格を確認できますので、商品を買う前に価格を確認しておくのも良いかもしれませんね。

 

もっと詳しく知りたい方は『換金率の高い商品をまとめてみた』で解説していますので、こちらを参考にしてみてください。

 

買取率の低い商品

 

逆にこのような商品は買取率が低く、転売を使った現金化には向いていません。

  • 指輪・ネックレス

  • 貴金属

  • 家電

こういった商品は物によって買取価格に差があり、変動も激しいため安定しません。

 

「10万円で買った商品が2万円で買取をされた・・・」なんてこともありえますので、止めておいたほうが良いでしょう。

 

転売の現金化はリスクを伴う行為

転売の現金化はリスクを伴う行為

 

転売の現金化なら業者を通さずとも自分で可能です。

 

しかし、その反面、換金率が安定しなかったり、カード利用停止の可能性が高めであったりとリスクを伴う行為なことも忘れてはいけません。

 

また、商品を売買する手間と時間もかかりますので、とくに拘りがないのなら業者を使ってリスクを避けるのが無難です。

 

クレジットカード現金化をするときは、自分に合った方法を選んでするようにしてくださいね。

 

また、当サイトでは口コミで評判の高い優良店を完全無料で公開しています。

 

高換金率で確実に即日入金ができる優良店をご紹介していますので、業者を使って現金化をしようと思われている方はぜひこちらも参考にしてみてくださいね。