クレジットカード現金化の3つの返済方法/遅延したときの対処法まとめ

クレジットカード現金化の優良店を387人の口コミから徹底比較【クレラボ】 > 現金化の仕組み > クレジットカード現金化の3つの返済方法/遅延したときの対処法まとめ

クレジットカード現金化の返済方法/トラブルの対処法

ここでは、クレジットカード現金化の返済方法や返済時の注意点について説明します。

 

クレジットカード現金化であれば誰でも今すぐにお金を簡単に用意できます。

 

しかし、このクレジットカード現金化ではショッピング枠を換金していますので、当然使った分のショッピング枠は返済しなければなりません。

 

そして、クレジットカード現金化の返済は遅延・延滞してしまうとトラブルになる可能性もありますので注意しなければなりません。

 

この記事では、そんなクレジットカード現金化の返済についてお話しますので、これからクレジットカード現金化をされる方はぜひ参考にしてくださいね。

 

クレジットカード現金化の返済はどこにする?

クレジットカード現金化の返済はどこにする?

 

クレジットカード現金化を使った場合、取引をした現金化業者へ返済をすると思われる方も多いです。

 

しかし、このクレジットカード現金化はショッピング枠を換金しているだけでお金を借りているワケではありません。

(詳しくは『クレジットカード現金化の仕組みを徹底解説』)

 

そのため、業者へ返済することはないのです。

 

クレジットカード現金化の返済はすべてカード会社へおこないます。

 

当然、違法な取立てがくることもありませんので、その点に関しては安心してくださいね。

 

クレジットカード現金化の3つの返済方法

クレジットカード現金化の3つの返済方法

 

先ほども言いましたように、クレジットカード現金化の返済は使ったショッピング枠分の金額をカード会社へおこないます。

 

そのため、返済方法は大きく分けて3つあります。

  • 一括払い

  • 分割払い

  • リボ払い

その他にもボーナス払いなどの返済方法もありますが、主に使われているのはこちらの3つですね。

 

一括での返済が難しい方は返済回数を複数回にすることもできますので、試してみるのが良いと思いますよ。

 

また、さらに詳しくは『クレジットカード現金化を分割払い・リボ払いに変更する手順』で解説していますので、興味のある方はこちらも参考にしてみてください。

 

クレジット現金化の返済を遅延・延滞したときの対処法

クレジット現金化の返済を遅延・延滞したときの対処法

 

クレジットカード現金化の返済を遅延・延滞すると以下の3つのトラブルに遭う可能性があります。

 

  • 信用情報にキズが残る

  • カード利用停止の可能性が高まる

  • カード会員資格の剥奪

どれも大きなペナルティなので、必ずクレジトtカード現金化の返済は遅れないように注意が必要です。

 

とはいえ、ついつい使いすぎてしまって「支払いができない!」なんて状況になることもあるかもしれません。

 

では、どうしてもクレジットカード現金化の返済が間に合わないときは、どのようにすれば良いのでしょうか?

 

次はクレジットカード現金化の返済を遅延・延滞したときの対処法をお話します。

 

①.カード会社へ相談する

 

返済が間に合わなかったときに一番初めにすべきなのがカード会社へ相談することです。

 

カード会社も返済をしてもらえないことには利益がでませんので、何とか返済してもらおうと金利を下げたり、返済期日を延ばしてくれたりします。

 

また、カード会社に連絡をしておけば返済を遅延・延滞しても大きな問題にはなりづらいので、まずはカード会社に相談しましょう。

 

②.支払い方法を切り替える

 

先ほども解説したようにクレジットカード現金化は分割払い・リボ払いへの変更も可能です。

 

ですので、支払いが厳しいと感じた場合は支払い方法を変更するのもひとつの手です。

 

ただし、分割払い・リボ払いはカード会社への金利が発生します。

 

返済に長く期間がかかってしまえば返済金額も増えてしまいますのでご注意ください。

 

③.カード現金化は内緒にする

 

返済に遅延・延滞した場合、カードの利用目的やこれからの返済計画をカード会社に尋ねられます。

 

しかし、ここでカード現金化を使ったことを絶対に話してはいけません。

 

というのも、クレジットカード現金化はカード会社の利用規約に違反している行為です。

 

詳しくは『クレジットカード現金化で利用停止を100%防ぐ方法

 

正直にカード現金化を話してしまえば、さらに重いペナルティを受けてしまいます。

 

クレジットカードの明細には店舗名しか記載されませんので、買い物をしたなど答えてカード現金化は内緒にしてくださいね。

 

まとめ

 

クレジットカード現金化は便利な方法ですが、使った金額分はカード会社へ返済しなければなりません。

 

返済を遅延・延滞するとトラブルになる原因となります。

 

クレジットカード現金化するときは返済のことも考えて無理せず利用してくださいね。

 

また、返済の負担を軽くするためにもクレジットカード現金化は換金率の高い優良店を利用すること大切です。

 

当サイトでは、387人の口コミからクレジットカード現金化の優良店をご紹介しています。

 

これからクレジット現金化をされる方や業者をお探しの方はぜひ参考にしてください。