クレジットカード現金化の商品買取方式について徹底解説!

クレジットカード現金化の優良店を387人の口コミから徹底比較【クレラボ】 > 現金化の仕組み > クレジットカード現金化の商品買取方式について徹底解説!

カード現金化の商品買取方式について解説!

ここでは、クレジットカード現金化の商品買取方式について解説します。

 

クレジットカード現金化には商品買取方式とキャッシュバック方式の2種類の方法があり、どちらの方法を選んでもショッピング枠の換金は可能です。

 

しかし、方法によってメリット・デメリットが異なりますので、それぞれの特徴をしっかりと理解した上で利用する業者を選んだほうが良いでしょう。

 

商品買取方式とは?

クレジットカード現金化の商品買取方式について

 

商品買取方式とは、クレジットカードで購入した商品を即座に業者に買い取ってもらうことで現金化をする方法のことです。

 

以前まではこちらの方法が業界の主流となっており、今でも店舗で営業している業者は商品買取方式で現金化の運営をおこなっています。

 

また、このときに購入する商品は、

  • ・ブランド品

  • ・ゲーム機

  • ・金券

  • ・新幹線の回数券

といった換金性の高い商品であることが多いです。

 

商品買取方式で現金化をする場合はこの4つのどれかを購入することになると考えておいてくださいね。

 

商品買取方式のメリット

商品買取方式のメリット

 

商品買取方式には2つのメリットがあります。

 

次はその商品買取方式のメリットについて解説いたします。

 

  • 1.換金率が高い

  • 2.必要書類は身分証だけ

 

①.換金率が高い

商品買取方式は換金性の高い商品を売却して現金化をするため、換金率が高いことが多く、とくに新幹線の回数券であれば最低換金率90%で取引ができます。

 

換金率が高く取引ができるのは嬉しいですよね。

 

換金率が高ければその分使うショッピング枠は少なく済みます。

「少しでも多くお金を用意したい」と思われている方におっては大きなメリットなのではないでしょうか?

 

②.必要書類は身分証だけ

商品買取方式の必要書類は身分証だけです。

 

個人で購入した商品を業者に売却する方法なのですから、商品と身分証があれば換金可能なのは当たり前ですよね。

 

キャッシュバック方式の場合、身分証に加えてクレジットカードの写真も一緒に提供しなければならないことがほとんどです。

 

カードの写真を送るとなると不安に感じるかもしれませんが、その点は商品買取方式なら安全ですね。

 

安心感が強い点も商品買取方式の強みのひとつです。

 

商品買取方式のデメリット/注意点

商品買取方式のデメリット

 

商品買取方式の現金化には換金率が高いという大きなメリットがありますが、同時に多くのデメリットのある方法でもあります。

 

では、次は商品買取方式で現金化をするデメリットについて詳しい解説をしていきましょう。

 

  • 1.WEB手続きに対応していない

  • 2.宅配では即日現金化ができない

  • 3.カード利用停止のリスクが高め

 

①.WEB手続きに対応していない

商品買取方式をおこなっている店舗の多くはWEB手続きに対応しておらず、店舗への来店が条件となっている場合が多いです。

 

個人的に、これはかなり大きなデメリットだと思っています。

 

店舗に来店しなければならないのであれば急な出費にも対応できません。

 

また、営業時間中に時間が取れない場合は時間のあるときにしか現金化できませんね・・・。

 

クレジットカード現金化を利用する方のほとんどは今すぐにお金を必要としていることが多いので、いつでも利用できない点は大きなデメリットです。

 

②.宅配では即日現金化ができない

商品買取方式で営業している業者の中には『最短5分!』などと記載して、即日現金化ができるかのように記載している業者もいます。

 

しかし、こういった記述はあくまで業者側に商品が届いてからのカウントであって、実際に最短5分で取引はできません。

 

来店しない場合は確実に即日現金化はできませんのでご注意ください。

 

③.カード利用停止のリスクが高め

商品買取方式で使われる換金性の高い商品ですが、換金率が高いため現金化目的で使われることが多く、カード会社も現金化目的の購入を防ぐために警戒している商品です。

 

そのため、換金性の高い商品の購入はクレジットカードの利用停止の可能性が高いのです。

 

また、カードの種類によっては換金性の高い商品をクレジットカードで購入すること自体が禁止されていることもあります。

 

詳しくは『クレジットカード現金化で利用停止を100%防ぐ方法』にて解説していますが、カードが利用停止になってしまえば、カード保有資格の剥奪や利用額の一括請求といったトラブルが起こる可能性もあります。

 

商品買取方式の現金化をする場合はくれぐれも注意しなければなりません。

 

まとめ

まとめ

 

今回はカード現金化の商品買取方式についてまとめさせて頂きました。

 

商品買取方式は高い換金率というメリットがありますが、同時にカードトラブルの高い方法でもあります。つまり、ハイリスク・ハイリターンってことですね。

 

年々現金化は規制が激しくなっており、それに伴ってペナルティも厳しくなっています。

 

カードが利用停止にされてしまえば大変なことになってしまいますので、換金率が高いとは言えども商品買取方式での現金化は止めておくのが無難でしょう。

 

安全に取引をしたいのなら、キャッシュバック方式の業者がおすすめです。

 

こちらの方法では換金性の高い商品を買いませんのでカードが利用停止にはなりません。

 

また、換金率も85%前後で現金化ができる優良店もいますので、商品買取方式に比べてそこまで損というワケでもないでしょう。

 

キャッシュバック方式の安全な優良店はこちらでご紹介していますので、クレジットカード現金化をするときはぜひこちらを参考にして業者を選んでみてください。