クレジットカード現金化の個人情報の4つの危険性と安全策まとめ

クレジットカード現金化の優良店を387人の口コミから徹底比較【クレラボ】 > クレジットカード現金化の危険性・リスクまとめ > クレジットカード現金化の個人情報の4つの危険性と安全策まとめ

クレジットカード現金化って個人情報は大丈夫?

 

クレジットカード現金化は金欠でお困りのときの資金調達手段として便利な方法です。

 

クレジットカードのショッピング枠を現金化すれば来店・審査といった余計な手間もありませんので、必要な分の現金を用意することができます。

 

しかし、クレジットカード現金化をする場合、利用者の個人情報を業者に渡さなければなりません。

 

顔も知らない業者に個人情報を渡すことに不安を感じる方も多いことでしょう。

 

  • 「どんな個人情報を提出するの?」

  • 「個人情報を悪用されたりしない?」

  • 「個人情報を安全に現金化する方法は?」

 

多くの方はこのように不安になられていることだと思います。

 

そこで、この記事ではクレジットカード現金化の個人情報の取り扱いについて解説いたします。

その危険性から対処法まで解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

クレジットカード現金化に必要な個人情報の種類

クレジットカード現金化に必要な個人情報の種類

 

まずは、クレジットカード現金化に必要な個人情報の種類について解説しましょう。

 

クレジットカード現金化では、基本的に2つの個人情報が必要になります。

 

クレジットカード現金化で必要な個人情報
  • 身分証の表面・裏面

  • クレジットカードの表面・裏面

 

こちらの2つを手持ちの携帯・スマホで撮影して、業者に指定されたメールアドレスに送信します。

 

この2つの個人情報がなければ、どの業者を使ってもクレジットカード現金化は利用できません。

申し込みをしてから慌てて用意することがないように、事前に用意をしておくのがよいでしょう。

 

個人情報が現金化業者に悪用されるとどうなる?

個人情報が現金化業者に悪用されるとどうなる?

 

クレジットカード現金化に必要な個人情報については分かりましたね。

 

では、2つの個人情報を悪用されると、どんなトラブルに遭うのでしょうか?

 

個人情報を悪用されることで考えられるトラブルは4つあります。

 

個人情報を悪用されることのトラブル
  • 闇金からのDM・電話が届く

  • 振り込め詐欺の危険性が高まる

  • 個人情報が売買される

  • クレジットカードの不正利用される

 

どれも危険性がとても高いものばかりですね・・・。

 

騙されてしまえば多大な被害を被ることになりますので注意しなければなりません。

ということで、これらのトラブルについてひとつ1つ詳しく解説していきましょう。

 

①.闇金からのDM・電話が届く

闇金からのDM・電話が届く

 

あなたの個人情報が流出した場合、あなたがクレジットカード現金化を利用するほどお金に困っていることが知られてしまいます。

 

そのため、そういった利用者をメインに営業している闇金や街金からDMや電話が多発するケースがあるのです。

 

闇金の利用さえしなければ実害はありませんが、DMや電話が多発するだけでも迷惑ですし、もし闇金を使ってしまうようなことがあれば多重債務者となってしまう可能性も否定できません。

 

②.振り込め詐欺の危険性が高まる

振り込め詐欺の危険性が高まる

 

あなたに現金化業者を装った振り込め詐欺の業者が電話をかけてくるケースもあります。

 

言葉巧みにあなたのことを騙し、証拠金や手付金といった名目で利用者に現金を振り込ませて連絡が取れなくなってしまうパターンがほとんどです。

 

また、振り込み詐欺の業者がクレジットカード情報を聞き出してクレジットカードの不正利用をおこなうパターンもあります。

 

③.個人情報が売買される

個人情報が売買される

 

今の時代、個人情報はいわば商品であり、お金になるものです。

あなたも「卒業アルバムが高値で取引された」なんて聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

そのため、個人情報が流出してしまえば売買され続けてしまい、決して消滅することはないのです。

 

この他のトラブルに遭うリスクがこれからずっと高まることになってしまいます。

 

④.クレジットカードの不正利用される

クレジットカードの不正利用される

 

先ほども言いましたが、クレジットカード現金化は身分証とクレジットカードの表面・裏面の写真が必要になります。

 

しかし、このクレジットカードの表面と裏面にはカード番号や有効期限、セキュリティコードが記載されており、これらのカード情報があれば簡単にあなたのクレジットカードを使うことができてしまいます。

 

そのため、クレジットカードを不正利用されてしまうケースもあるのです。

クレジットカードが不正利用されてしまえば、カード会社に多額の返済をしなければなりません。

 

また、この場合は自分でカード情報を渡しているのでカード会社が補填してくれることもありません。

全額を自分で負担しなければなりませんので、注意が必要です。

 

クレジットカード現金化で個人情報を守る方法とは?

クレジットカード現金化で個人情報を守る方法とは?

 

このようにクレジットカード現金化で個人情報が流出してしまった場合、多くのトラブルに遭うことになってしまいます。

 

どのトラブルも危険性が高いものばかりなので、絶対に遭いたくありませんよね・・・。

このようなトラブルに遭わないためにも、こういった悪質業者は利用しないように注意しなければなりません。

 

個人情報を狙う悪質業者の現金化にはさまざまな特徴があります。

こちらを確認しておき、個人情報をを守って現金化を利用しましょう。

 

①.必要のない情報を要求する業者は使わない

必要のない情報を要求する業者は使わない

 

クレジットカード現金化で身分証・クレジットカードの写メが必要になるのは業者が販売する商品を購入したときだけですので、当然申し込みをしただけでは必要になることはありません。

 

しかし、個人情報を狙う悪質業者の場合は申し込みの時点からこれらの情報や自分の名義の銀行口座を要求してくるパターンもあり、そういった業者は個人情報を狙っている悪質業者である可能性が高いです。

 

取引に不必要な情報を要求されたときは別の業者を探すのがベストと言えるでしょう。

 

②.フリーアドレスで申し込みをする

フリーアドレスで申し込みをする

 

現金化では連絡のためにメールアドレスを要求されますが、これは形態・スマホのメールアドレスでなければならないワケではありません。

 

従って、少しでも個人情報の流出の被害を抑えるためにもフリーアドレス(yahoo.co.jpやgmail)を取得しておき、そちらで利用するのがオススメです。

 

普段使いのメールアドレスが流出してしまえば、多数の迷惑メールが届くことになってしまいますので、取引専用のフリーアドレスをひとつ作っておくのが良いでしょう。

 

③.口コミ評判の高い業者を選ぶ

口コミ評判の高い業者を選ぶ

 

クレジットカード現金化には多くの口コミが投稿されており、業者の評判を知ることができます。

 

そのため、口コミ評判を参考に業者を探すことで、現金化の詐欺業者や個人情報を悪用する業者を使うことなくクレジットカード現金化ができるのです。

 

現金化の口コミには宣伝のためのウソの内容が書き込まれていることもありますので、必ずしも口コミに書かれた内容が真実だとは限りませんが、多数の口コミを参考にすることで悪質業者を利用することはなくなるでしょう。

 

クレジットカード現金化の個人情報の危険性まとめ

クレジットカード現金化の個人情報の危険性まとめ

 

いかがでしたか?

 

クレジットカード現金化には個人情報を悪用する業者も存在しており、そういった業者を使ってしまえばトラブルに巻き込まれることになってしまいます。

 

そのようなことのにならないためにも、業者を選ぶときは注意して選ぶようにしましょう。

 

また、そのときには口コミ評判で優良店と呼ばれる業者がオススメです。

優良店と呼ばれる業者であれば個人情報の保護も厳重におこなわれており、個人情報を悪用されることはありません。

 

優良店であれば高換金率・高スピードでの現金化ができますので、現金化をするのなら優良店を探すのが良いでしょう。

 

クレジットカード現金化の優良店はこちらで紹介しています。

どの業者も口コミで高い評価を受けており、実際にわたしが使ってみたときにも他社より好条件での現金化ができました。

 

こちらの優良店がお得ですので、安全に現金化をしたい方はぜひ参考にしてみてください。