クレジットカード現金化はメールで取引できるのか徹底調査【電話なし】

クレジットカード現金化の優良店を387人の口コミから徹底比較【クレラボ】 > 現金化の方法 > クレジットカード現金化はメールで取引できるのか徹底調査【電話なし】

現金化をメールだけでするときの手順・注意点を解説

クレジットカード現金化は金欠のときに役立つ便利なサービスです。

いつでもどこでも業者に申し込みをするだけで最短5分で入金してもらえますので、お金がないときに最適な資金策と言えるでしょう。

 

しかし、そんなクレジットカード現金化にも不便な部分があります。

 

それは、 「現金化業者と電話をしないといけないこと」です。

 

クレジットカード現金化がメールだけで取引できるのか検証

 

クレジットカード現金化の業者は電話をしなければ取引できないと記載しているところも多く、基本的には電話なしで取引をすることはできません。

 

そのため、

  • ・時間がなくて電話ができない。

  • ・携帯電話が利用停止になっている。

  • ・障害で電話をすることができない。

といった人は現金化を利用するのが難しくなってしまっているのです。

 

電話しないと現金化できないって中々不便ですよね・・・。

とはいえ、すべての現金化業者が電話が必要だと記載しているワケではありません。

 

中には電話が必須だと書かれていない業者もいるのです。

 

もしや、そういった現金化業者ならばメールだけで現金化ができるのでは!?

 

とても気になったので、クレジットカード現金化がメールだけで取引できるのか調査をしてみました!

 

クレジットカード現金化はメールだけで取引できますか?

現金化はメールだけで利用できますか?

では、さっそく本題に入りましょう。

はたして、クレジットカード現金化はメールだけで取引ができるのでしょうか?

 

結論から言ってしまうと、クレジットカード現金化はメールだけでも利用可能です。

現金化で電話が必要な理由はすばやく取引を進めるためであって、契約内容の確認はメールでもできますので電話の有無はクレジットカード現金化には関係ないのです。

 

とはいえ、メールのみの現金化は電話のときより簡単にはできません。

申し込みを断っている業者やメールだけの現金化の注意点もありますので、メールだけでの取引では手順や流れを充分に注意しなければならないのです。

 

では、その手順・流れとは一体どのようなものなのでしょうか?

 

それぞれをひとつ1つお話していきましょう。

 

メールだけでする現金化の手順・流れ

メールだけでする現金化の手順・流れ

 

電話でする現金化以上にメールだけでする現金化は手順や流れを注意しなければなりません。

 

というのも、クレジットカード現金化には悪質な業者が多く、メールだけでの取引であることをいいことに換金率や手数料を誤魔化してくる可能性があるのです。

 

今からメールだけでするクレジットカード現金化の手順・流れをお話しますので、現金化をする前に確認しておきましょう。

 

手順①:ショッピング枠を確認する

ショッピング枠を確認する

 

クレジットカード現金化を利用する前にショッピング枠の確認をしておきましょう。

クレジットカードのショッピング枠を思っている以上に減っていることの多いものです。

 

実際に現金化をしてショッピング枠が足りなかったりしたら大変ですよね。

また、ショッピング枠を超えた取引はクレジットカードの利用停止になるケースもあります。

 

現金化を利用する前に残りのショッピング枠を確認するのを忘れないでくださいね。

 

手順②:現金化業者に申し込みをする

現金化業者に申し込みをする

 

ショッピング枠の確認が済みましたら現金化業者に申し込みをします。

 

このときに大事なのが電話確認の必要のない業者を探すことです。

また、その中でも口コミで評判の高い業者なら最適と言えるでしょう。

 

メールだけでする現金化で悪質業者に騙されないためにも大切な工程なので注意して選んでくださいね。

 

また、メールだけの現金化で口コミ評判の高いオススメの業者は『未来ギフト』『ハピネス』です。

 

どちらも優良店と評判が高い業者なのでメールだけでする現金化に役立つことでしょう。

 

【メールだけでする現金化に最適な業者】

 

手順③:契約内容を確認する

契約内容を確認する

 

利用する現金化業者を決めましたら、次は契約内容の確認をします。

 

メールだけの現金化だと契約兄用の確認を見落としガチです。 確認をしないと勝手に換金率を下げられる可能性もありますのでこちらの項目を業者に聞いてくださいね。

 

  • ・実際の換金率

  • ・取引にかかる手数料

  • ・最終的に入金される金額

  • ・入金される時間

 

この4つの項目を聞けば現金化業者に騙されることはありません。

こちらの4つを聞き出して契約内容を確認してもんぢが無ければ次に進むようにしましょう。

 

契約内容が不満であれば、一度戻って別の業者を探してみてくださいね。

 

手順④:本人確認をする

本人確認をする

 

契約内容を確認し終えたら、次は本人確認をおこないます。 これは電話で現金化をしていても同じ手順でおこないますので特に気にする必要は無いでしょう。

 

  • ・身分証の表面

  • ・身分証の裏面

  • ・身分証と顔が一緒に写った写真

 

この3点を現金化業者に提示します。 提示する方法は『クレジットカード現金化で身分証の提示が必須な理由を解説』でお話していますので、こちらをご覧ください。

 

手順⑤:入金を待つ

入金を待つ

 

本人確認が終わりましたら、次は現金化業者からの入金を待つだけです。

 

ここから先は現金化業者と連絡を取り合う必要はありませんので、メールだけでも問題ありませんね。

 

入金スピードは業者によって異なりますので、事前に話された時間を待ちましょう。

 

メールだけでする現金化についてのまとめ

メールだけでする現金化のまとめ

 

いかがでしたか? 今回の内容をまとめると、このような内容になります。

 

今回の記事の内容
  • クレジットカード現金化はメールだけでも可能。

  • メールでの現金化を受け付けていない業者も多い。

  • メールだけの現金化は詐欺の危険性が高い。

  • メールだけで現金化するときは手順・流れが大切。</li

 

クレジットカード現金化はメールだけでもできますが、詐欺の危険性などもありますので電話のようにカンタンにすることはできません。

 

安全に現金化をするためには正しい手順と業者選びが大切なので、実際にメールだけで現金化をするときはこちらの記事をブックマークしておいて読み直しながら取引をしてみてくださいね。