クレジットカード現金化の換金率の相場はいくら?

クレジットカード現金化の優良店を387人の口コミから徹底比較【クレラボ】 > 現金化の仕組み > クレジットカード現金化の換金率の相場はいくら?

クレジットカード現金化の換金率の相場はいくら?

ここでは、クレジットカード現金化で実際に適用される換金率の相場について説明します。

 

クレジットカード現金化で最も重要なポイントとなるのが換金率です。

 

換金率が高ければ貰える金額も増加しますし、利用額が高額であれば差額も大きくなるので「1%でも高く現金化をしたい」と思われるのは当然のことです。換金率100%での取引が理想ですよね。

 

しかし、クレジットカード現金化では取引のためにさまざまな手数料がかかります。

そのため、換金率100%でのカード現金化は現実的ではないのです。

 

では、クレジットカード現金化を実際にしたときの換金率の相場はいくらなのでしょうか?

 

クレジット現金化の換金率の相場をチェック!

クレジットカード現金化の換金率の相場をチェック

 

ひとことに換金率の相場といってもクレジットカード現金化では方法によって換金率は異なります。

 

ですので、今回は方法別の換金率の相場を説明して行きましょう。

 

どちらの方法についても詳しく解説しますので、ざっくりと確認しておいてくださいね。

 

商品を転売したときのケース

商品を転売するケースの換金率の相場

 

店舗や自分でクレジットカード現金化をしたときのおこなうケースです。

 

その方法はカードで商品を購入し、売却するといったシンプルなもの。

とくに手続きもいらないので誰でも気軽にできる方法ですね。

 

 

カード現金化の店舗を使った場合

街中に貼られている「カードでお金」や「ショッピング枠現金化」と書かれた店舗に行った場合、新幹線の回数券を転売してカード現金化をおこないます。

 

この新幹線の回数券は需要が高いため買取率が高く、原価の90%以上での取引がされており、カード現金化の店舗でも換金率90%以上で買取がされています。

 

時期によって換金率は変動しますので確実に90%以上というワケではありませんが、高い換金率で取引ができるのは間違いないでしょう。

  • 【相場】換金率は80%~95%

  • 【メリット】換金率が高く現金化できる

  • 【デメリット】来店などの手間がかかる

自分でカード現金化をした場合

商品の転売をする場合、業者に頼まずに自分ですることも可能です。

 

ブランド品やゲーム機といった商品を転売すれば自分でもほぼ手間なく取引ができます。

 

また、流行の商品であれば買取価格が購入価格を上回ることもありますので、自分でカード現金化をするならそういった商品を狙って取引をするのが良いでしょう。

 

  • 【相場】換金率は80%~95%

  • 【メリット】換金率が高く現金化できる

  • 【デメリット】来店などの手間がかかる

 

Web完結業者を使ったケース

Web完結業者を使ったケース

Web完結業者を使ったケースでは、商品を転売しておこなうカード現金化よりも手軽に取引ができるのが特徴です。

 

申し込みをするだけで手続きはすべて業者がおこなってくれますので、初めてカード現金化をする方はこちらの方法が良いでしょう。

 

ただし、こちらの方法では業者を通して取引をするため、業者に多少の手数料を支払う必要があります。

 

そのため、換金率は商品を転売する現金化に比べて低めの設定となっているのです。

高い換金率で取引がしたい方は優良店と呼ばれる業者を選ぶことが大切です。

  • 【相場】換金率75%~85%

  • 【メリット】手間なく10分ほどで現金化ができる

  • 【デメリット】手数料を支払うため換金率が低い

 

カード現金化業者が掲載する換金率の真実

カード現金化業者が掲載する換金率の真実

 

クレジットカード現金化の公式HPを確認してみると、実にさまざまな文言で換金率が記載されています。その中でもよく見かけるのが下記の3つです。

  • 最大換金率98.8%!

  • 換金率86%保証!

  • 換金率一律90%!

こういった表記をみると高換金率で現金化ができそうに思えますよね。

 

しかし、この表記は最高値での表記となっておりますので実際の取引でこの換金率分の入金がされることはありません。

 

Web完結業者を実際に使ったときの換金率は体感で80%前後がほとんどです。

 

換金率80%ほどまでの業者であれば、見つけることはそこまで難しくはありませんが、それ以上の業者となると見つけるのは難しいためご注意ください。

 

カード現金化の換金率の相場のまとめ

カード現金化の換金率の相場のまとめ

 

今回はカード現金化の換金率の相場について解説させて頂きました。

 

いかがでしたか?

 

クレジットカード現金化では、方法によって換金率が異なります。

 

商品を買い取ってもらえる方法は換金率を高く取引ができます。

 

しかし、来店などの手間もありますし、『クレジットカード現金化がカード会社にバレる理由と対処法まとめ』でも説明しているようにカードの利用停止のリスクも少なくありません。

 

逆にWeb完結業者を使って取引をした場合には、いつ申込みをしても即日現金化が可能ですし手続きも簡単なのでトラブルなく取引が可能です。

 

また、カードの利用停止のリスクがないこともひとつの魅力ですね。

 

ただし、換金率は若干下がってしまいますので、このことを念頭においた上でカード現金化の方法を選ぶようにするのが良いでしょう。

 

  • 即日現金化をしたいのならWeb完結業者

  • 高い換金率で現金化をしたいのなら商品の転売

 

クレジットカード現金化をするときはこのことを忘れずに、自分に合った方法を選ぶように注意してくださいね。