電子マネーの残高を即日中に現金化する方法・注意点を徹底解説

クレジットカード現金化の優良店を387人の口コミから徹底比較【クレラボ】 > 現金化の方法 > 電子マネーの残高を即日中に現金化する方法・注意点を徹底解説

電子マネーを即日現金化する方法を徹底解説!

 

「電子マネーを現金化したい!」

 

このように思われる方も少なくはないと思われます。

  • suica

  • pasmo

  • nanaco

  • Edy

このような電子マネーは便利ではありますが、利用手段に限られている部分もあり、現金のほうが使い勝手の良いケースもあります。

 

「電子マネーはあるけど、現金のほうがほしい」

 

そんなときに電子マネーの残高を現金に換金できたら便利ですよね。

 

ということで、今回は電子マネーの残高を現金化する方法について解説します。

 

どうしても現金が必要なときに役立つ方法ですので、電子マネーの残高を現金化したい方はぜひコチラの方法を参考にして資金調達をしてみてください。

 

電子マネーの現金化は違法?リスクはあるの?

電子マネーの現金化は違法?リスクはあるの?

 

現金化といえば、クレジットカードのショッピング枠を現金化する『クレジットカード現金化』が有名な方法ではありますが、こちらの方法にはリスクがあり、確実に安全な方法とは言えないのが現状です。

 

では、電子マネーの現金化にはリスクはあるのでしょうか?

 

結論から言いますと、電子マネーの現金化は違法ではありませんし、リスクも存在しません。

 

あとで詳しく解説しますが、電子マネーの現金化は商品の転売をしておこないますので、法律に違反しているといったことはないのです。

 

また、電子マネーの現金化は利用規約でも禁止されていませんので安心してもよいでしょう。

 

電子マネー現金化の方法

電子マネー現金化の方法

 

電子マネーの残高は基本的に公式には現金で引き出すことはできません。

 

ですので、電子マネーを現金化は商品を転売する方法を使っておこなうことになります。

  1. 1.電子マネーで商品を購入

  2. 2.購入した商品を売却

  3. 3.換金率分のお金を現金化

こちらがその方法ですね。

 

カンタンな手順で電子マネー現金化はできますが、手順に注意点もありますのでひとつ一つを詳しく解説していきましょう。

 

①.電子マネーで商品を購入

まずは電子マネーで転売する商品を購入します。

 

当然ですが、このときに購入する商品は電子マネーで購入できる商品でなければいけません。

 

また、あとで詳しく解説しますが、換金率の高い商品を購入することでよりお得に取引ができますので、購入する商品は換金率の高いものを選びましょう。

 

②.購入した商品を売却

次に電子マネーで購入した商品を売却します。

 

このときに売却する店舗は基本的にどの店舗でも問題ありませんが、換金率を高く取引したいなら少しでも高く買い取ってくれる店舗を探すことが重要です。

 

インターネットの広告やチラシを見て、高く買い取ってくれる店舗を探しましょう。

 

③.換金率分のお金を現金化

商品を買い取ってもらった時点で電子マネーの現金化は完了です。

 

買い取ってもらった換金率分の現金が用意できますので、そちらを受け取ってくださいね。

 

また、資金調達まで時間のある方は店舗に売却するのではなく、ヤフオクやメルカリなどのフリマアプリで売却するのもひとつの手です。

 

時間は掛かりますが、思っていた以上の換金率で商品が売却できることもありますので、時間のある方は狙ってみるのも良いでしょう。

 

電子マネー現金化で購入する商品

電子マネー現金化で購入する商品

 

ここまでの記事の内容で電子マネーの現金化の方法についてはお分かりいただけたかと思います。

 

商品を転売するだけなのでカンタンで誰にでもできますよね。

 

では、このときに購入する商品とは一体どのようなものなのでしょうか?

  • 電子マネーで購入できる

  • 換金率が高い

  • 入手がカンタン

この3つの条件を満たす商品は3つあります。

 

次はその商品について詳しく確認してみましょう。

 

①.ブランド品

ネットクレスやイヤリングなどのブランド品も転売できる商品です。

 

店舗によっては電子マネーの購入も受け付けていますので、そういった店舗を見つけて電子マネーで購入しましょう。

 

ただし、電子マネーの残高には限度額が設定されており、大抵の電子マネーは2万円ほどしかチャージできません。

 

ですので、購入するブランド品は2万円以下のもの限定となります。

 

換金率は高くはありますが、電子マネーの現金化には少し使いにくい点もありますのでご注意ください。

 

②.ゲーム機

電子マネーの現金化で最も有力な商品がこのゲーム機です。

 

電子マネーで購入できる店舗が多く、新作のゲームであれば高換金率で買取がされていることもめずらしくはありません。

 

とくに商品に拘りがないようでしたら、電子マネーの現金化にはゲーム機がオススメです。

 

ただし、ゲーム機によっての換金率の違いが激しいので購入するときは必ず事前に換金率を調べてから現金化してくださいね。

 

③.返品できる商品

こちらは少し特殊な商品になりますが、電子マネーで商品を購入したあとに返品すると現金として渡してもらえます。

 

ですので、返品が可能な商品も電子マネーの現金化の商品の対象になります。

 

高額な商品だと返品を断られてしまう可能性もありますので、そこそこの値段の商品を狙いましょう。

 

返品を使った現金化で一番有名なのが、コンビニのタバコを使った方法です。

 

電子マネーでタバコのカートンを購入し、もう一度来店して返品することで4000円近い現金化ができます。

 

また、換金率も100%で取引ができますので、少額の電子マネーの現金化wおするならコチラの方法がオススメです。

 

電子マネー現金化を専門とする業者の存在

電子マネー現金化を専門とする業者の存在

 

電子マネーの現金化は基本的に商品を使った方法が一般的です。

 

しかし、中には電子マネーの現金化を専門としている業者もおり、商品を購入する手間が省けることからこちらを利用したいと思われる方もいることでしょう。

 

たしかに、業者を使って電子マネーの現金化をすれば手間なく現金化が可能です。

 

ですが、その分、業者に手数料を支払わなければなりませんので換金率が下がってしまいます。

 

業者にもよりますが、良くて換金率70%、悪い業者だと換金率60%での取引になってしまいますので利用者は多くの損をしてしまいます。

 

あまりお得な方法とは言えませんので、電子マネー現金化を専門とする業者は利用しないほうが良いでしょう。

 

電子マネー現金化のまとめ

電子マネー現金化のまとめ

 

いかがでしたか?

 

電子マネーの残高は公式では換金はできませんが、特定の手順でおこなうことで現金化が可能です。

 

残高を現金化したいときはこちらの方法と商品を参考にして資金調達してみてくださいね。

 

また、今すぐにまとまった現金が必要な方は『携帯キャリア決済現金化』や『クレジットカード現金化』を試してみるのもひとつの手です。

 

こちらも即日中に現金が用意できる方法ですので、今すぐにお金が必要な方はぜひこちらも併せて試してみてください。