クレジットカード現金化がカード会社にバレる理由と対処法まとめ

クレジットカード現金化の優良店を387人の口コミから徹底比較【クレラボ】 > クレジットカード現金化の危険性・リスクまとめ > クレジットカード現金化がカード会社にバレる理由と対処法まとめ

カード会社にバレずに安全に現金化する方法とは?

クレジットカード現金化を利用するときに一番のリスクとなるのがカードの利用停止です。

 

クレジットカード現金化で利用停止を100%防ぐ最強の方法を教えます。』でも解説しているように、クレジットカード現金化はカード会社の利用規約に違反した行為ですので、カード会社に現金化目的だとバレてしまえばペナルティは逃れられません。

 

いくら今すぐにお金が用意できるといっても、カードが利用停止にされてしまえば堪ったものではありませんよね。

 

そこで、今回はクレジットカード現金化がカード会社にバレてしまう理由と対処法についてまとめてみました!

 

これさえ知っておけば安全にクレジットカード現金化を利用できるようになりますので「カード会社にバレたくない」という方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

「そもそもクレジットカード現金化ってなに?」という方はこちらの記事から確認してみてください。

クレジットカード現金化が初めての方でも仕組みを理解できるおすすめ記事です!

 

・「クレジットカード現金化の仕組みを徹底解説 | 現金の簡単な作り方

・「クレジットカード現金化の優良店を選ぶ4つのテクニックを徹底解説

クレジットカード現金化がバレてしまう理由とは?

クレジットカード現金化がバレてしまう理由とは?

 

そもそも、なぜクレジットカード現金化はカード会社にバレてしまうのでしょうか?

 

現金化目的で商品を買ったかどうかなんて本人しかわからないことですし、商品を購入しただけでカード会社にバレてしまうのは不思議ですよね。

 

では、まずはクレジットカード現金化がバレてしまう理由から解説していきましょう。

 

クレジットカード現金化がバレる理由は大きく分けて4つあります。

 

  • 1.換金性の高い商品を購入した

  • 2.カード会社への支払いが遅れ気味

  • 3.新規発行のカードである

  • 4.キャッシング枠を使い切っている

それぞれの理由について詳しく解説いたしますので、クレジットカード現金化を利用するときはこの4つの理由にも注意しましょう!

 

①.換金性の高い商品を購入した

換金性の高い商品を購入した

 

クレジットカード現金化は以前までは商品買取方式が主な方法とされており、換金性の高い商品を売買することで換金率90%以上での取引が可能です。

 

参考:「クレジットカード現金化の商品買取方式について徹底解説!

 

しかし、この商品買取方式が使われすぎたせいでカード会社は換金性の高い商品を購入しただけで現金化目的だと断定するようになってしまったのです。

 

実際、VISAカードでは換金性の高い商品の購入自体を禁止しております。

 

第12条(カード利用の断りおよび一時停止、会員資格および使用者資格の取消等)

 

利用枠以内であっても短時間に換金性商品を連続して購入する等カードの利用状況が不審な場合、または延滞が発生するなどの利用代金の支払状況等の事情によっては、全カードまたは一部のカードの利用をお断りすることがあります。

 

参考:VISAカード利用規約第12条

 

商品買取方式のカード現金化で、換金性の高い商品を購入し続けていると危険ですので、注意が必要です。

 

②.カード会社への支払いが遅れ気味

カード会社への返済が遅れ気味である

 

カード会社への支払いが遅れ気味な場合、カード会社に「お金に困っているのでは?」と疑われてしまいます。

 

そんな中、高額の取引をしてしまえば現金化目的だと疑われるのも当然のことですよね。

 

一度や二度であれば問題ありませんが、何度も支払いに遅れている場合はカード会社に要注意人物としてマークされている可能性があります。

 

③.新規発行のカードである

新規発行のクレジットカードである

 

新規発行のカードや今までに多額の利用をしていなかったクレジットカードで多額の取引をした場合もカードの利用停止のリスクが高いです。

 

少額の取引を心がける、またはカード会社に事前にどういった理由で高額のカード決済をするか電話で説明した上で取引をするようにしましょう。

 

④.キャッシング枠を使い切っている

キャッシング枠を使い切っている

 

「②.カード会社への支払いが遅れ気味」と同じくキャッシング枠を使い切っていた場合もカード会社に疑われる原因となります。

 

とくにキャッシング枠を使い切った状態で換金性の高い商品を買ってしまえば、ほぼ100%現金化だとバレてしまいますので、ご注意ください。

 

カード会社に現金化がバレたときにペナルティ内容

カード会社にバレたときのペナルティ内容

 

クレジットカード現金化がバレてしまう理由はさまざまですが、カード会社にバレてしまった場合にはどのようなペナルティを課せられるのでしょうか?

 

主に考えられるペナルティは3つです。

  • カードの利用停止

  • カード会員資格の剥奪

  • 利用枠の一括請求

クレジットカード現金化がバレてしまった場合、カードの利用停止だけでなくカード資格の剥奪や今までに利用したショッピング枠の一括請求などが考えられます。

 

また、カード会員資格を剥奪されると同社のクレジットカードはもちろん、他社のクレジットカードでも審査が厳しくなる可能性があります。

 

これは、カードが利用停止になったことがあると信用情報に記載されるためですね。

 

クレジットカードの利用停止だけで済めばカードは1週間ほどで使えるようになりますが、最悪の場合はカードが使えなくなった挙句、多額の返済義務を負うことになりますので、クレジットカード現金化は絶対にカード会社にバレないようにおこなわなければなりません。

 

クレジットカード現金化をバレないようにする方法とは?

カード現金化をバレずに利用する方法

 

クレジットカード現金化がカード会社にバレてしまう原因やバレてしまった場合のペナルティはお分かり頂けましたね。

 

では、カード会社にバレずに安全にクレジットカード現金化をするためにはどうすれば良いのでしょうか?

 

一番簡単にクレジットカード現金化を安全に取引する方法は『専門の業者を使うこと』です。

 

実はクレジットカード現金化を営業している業者には安全に取引ができるカラクリがあり、そのことからカード会社にバレることなくクレジットカード現金化ができるのです!

 

①.カード決済代行会社のカラクリ

カード決済代行会社のカラクリ

 

クレジットカード現金化はカード会社の利用規約で禁止されている行為で、そのことからカード会社も換金性の高い商品の購入を厳しく見張っております。

 

そのため、クレジットカード現金化の商品買取方式や自分でしたりすると危険だと言われているのですね。

 

しかし、この業者を使ってカード現金化をした場合は換金性の高い商品を買うことはありません。あくまで商品のオマケとして現金を出しています。

 

そのため、換金性の高い商品を購入することがなく、カード会社に現金化目的だと判断される心配が無いのです。

 

また、決済代行会社を使っていますので、取引の履歴が見つかりにくいというのもポイントのひとつとなっています。

 

②.カード決済代行会社は何億もの取引をしている

カード決済代行会社は何億もの取引をしている

 

ほとんどの業者では、自社でカード決済端末を持っているワケではなく、カード決済代行会社に依頼をして皆さんのクレジットカードの決済をおこなっています。

 

そして、このカード決済代行会社では他にも取引を何件も受け持っており、その金額は月間で何億円~何十億円にも上るのです。

 

あなたのクレジットカード現金化の取引もその中に紛れ込むことになりますが、何十億ある取引の中から数万~数十万の取引を見つけることなんてできるワケがありませんよね。

 

まとめ

まとめ

 

いかがでしたか?

 

ここまでの内容をまとめると、

『クレジットカード現金化は専門の業者を使ったほうが安全』

ということです。

 

たしかに、業者を使ってクレジットカード現金化をすると優良店を使っても80%~85%の換金率でしか取引ができず、つい換金率90%以上で取引ができる換金性の高い商品を購入したくなりガチです。

 

しかし、高い換金率の代わりにカードトラブルのリスクが非常に高い方法となっていることを忘れてはいけません。

 

安全にクレジットカード現金化をしたいのであればカード会社にバレないように業者を使って取引をしたほうが良いでしょう。

 

当サイトでは、クレジットカード現金化の優良店を多数ご紹介しています。

 

こちらであれば、業界でもトップクラスの換金率で即日現金化ができますので、少しでも損を減らすためにもこちらを参考にして業者を選んで見てください。