クレジットカード現金化のデメリット | 3つのリスクとトラブルをまとめてみた

クレジットカード現金化の優良店を387人の口コミから徹底比較【クレラボ】 > クレジットカード現金化の危険性・リスクまとめ > クレジットカード現金化のデメリット | 3つのリスクとトラブルをまとめてみた

【注意喚起】クレジットカード現金化のデメリット

 

クレジットカード現金化の仕組みを徹底解説 | 現金の簡単な作り方』で解説しているように、クレジットカード現金化はさまざまなメリットのある方法です。

 

今すぐにお金を用意することができますし、審査がなく誰でも利用できますので他の資金調達より利便性の高い方法と言えるでしょう。

 

とはいえ、クレジットカード現金化に何もデメリットが無いわけでなく、リスク・デメリットもあります。

 

今回はクレジットカード現金化のリスク・デメリットについて解説しますので、サービスを利用する前に確認しておきましょう。

 

クレジットカード現金化の3つのリスク

クレジットカード現金化のデメリット

 

クレジットカード現金化には3つのリスクがあります。

  • 支払い総額が高くなる

  • 個人情報の流出の可能性

  • カード利用停止の危険性

どれも利用者にとって大きなリスクであり、見逃せないものばかりです。

 

それぞれのリスクについて詳しい解説をしますので、事前に確認しておきましょう。

 

①.支払い総額が高くなる

 

クレジットカード現金化をおこなった場合、どの方法を使っても手数料がかかりますので使ったショッピング枠分のお金を得ることはできません。

 

そして、使ったショッピング枠はカード会社に返済する義務がありますので、結果的に手数料分の損をしてしまうのです。

 

今すぐにお金を用意することはできますが、長い目で見るとクレジットカード現金化は損な取引であることを忘れてはいけません。

 

関連記事

・『クレジットカード現金化の換金率の実態

 

②.個人情報の流出の可能性

 

クレジットカード現金化で身分証の提示が必須な理由』でも解説しているように、クレジットカード現金化では身分証とクレジットカードの提示が必要になります。

 

これは取引に必要な情報ですので仕方のないことではありますが、悪質な業者と取引をしてしまえば渡した個人情報が悪用されてしまう可能性も否定できません。

 

悪用されてしまえば自宅へのDM、電話勧誘。

最悪、カードの不正利用まで考えられますので注意が必要です。

 

③.カード利用停止の危険性

 

ショッピング枠はもともと商品を購入するための利用枠であり、お金に換金する行為はカード会社に禁止されています。

 

クレジットカード現金化を使ったことがバレてしまえばカードの利用停止や会員資格の剥奪、利用枠の一括請求をされる可能性があります。

 

クレジットカード現金化をするときはカード会社にバレにくい方法を使っておこなうようにしたほうが良いでしょう。

(詳しくは『クレジットカード現金化で利用停止を100%防ぐ最強の方法を教えます』をご覧ください。)

 

リスクだけじゃない!現金化でトラブルが起きることも

リスクだけじゃない!現金化でトラブルが起きることも

 

クレジットカード現金化には3つのリスクがあり、使い方に注意しなければ危険な方法となってしまいます。

 

また、その他にもトラブルが発生することがありますので、トラブルにならないように気をつけなければなりません。

  • 換金率を不当に下げられる

  • 家族にバレる可能性がある

  • 債務整理ができなくなる

次は、クレジットカード現金化によくあるトラブルを解説します。

 

①.換金率を不当に下げられる

 

クレジットカード現金化には悪質な業者も多く、よくある詐欺の手口が換金率を事前の説明から引き下げてくることです。

 

とくに手数料と称して不当に換金率を下げてくることが多いので、利用する前に契約内容を細部まで確認することを忘れないでください。

 

②.家族にバレる可能性がある

 

「クレジットカード現金化は家族に内緒で利用できる」と多くの比較サイトでは言われていますが、それはあくまで優良店を使って取引をした場合の話です。

 

取引が終わったあとにもしつこく勧誘をしてくる業者もおり、何度も電話が鳴っていればクレジットカード現金化がバレてしまう可能性も高まります。

 

下手な業者を使うと内緒にしたかったクレジットカード現金化がバレることになりますので、業者選びには充分に注意しなければなりません。

 

③.債務整理ができなくなる

 

返済し切れない借金を抱えてしまったときの救済策として用意されている債務整理ですが、クレジットカード現金化で作った借金は免責不許可事由(帳消しにならない借金)となりますので、債務整理で免責することはできません。

 

そのため、債務整理をしたとしても多くの借金が残ることになります。

 

クレジットカード現金化は誰にでも使える方法ではありますが、多額の借金を抱えるような無茶な使い方をすれば取り返しのつかないことになりかねません。

 

関連記事

・『クレジットカード現金化が自己破産できない理由を徹底解説

 

安全にクレジットカード現金化をするためには?

安全にクレジットカード現金化をするためには?

 

クレジットカード現金化は、さまざまなリスクやトラブルが考えられるサービスです。

 

実際、「クレジットカード現金化を使わなければ良かった!」という被害報告も多数挙がっているのが現状です。

 

では、そんなクレジットカード現金化を安全に取引するためには、どんな方法を取ればいいのでしょうか?

 

まず考えられるのが『優良店を使うこと』です。

 

高い換金率で取引をしてくれる優良店であれば金銭的負担も少なく済みますし、クレジットカードが利用停止になることもありません。

 

また、個人情報が悪用されたりすることもありませんので、安全に現金化をしたいのなら優良店を探すことが第一と言えるでしょう。

 

安全にクレジットカード現金化をするためにも、業者はちゃんと日悪して使うように注意してくださいね。