クレジットカード現金化で利用者が絶対に逮捕されない理由まとめ

クレジットカード現金化の優良店を387人の口コミから徹底比較【クレラボ】 > クレジットカード現金化の危険性・リスクまとめ > クレジットカード現金化で利用者が絶対に逮捕されない理由まとめ

クレジットカード現金化は逮捕されるの?

「クレジットカード現金化は利用したら逮捕される?」

 

このように考えている人も多いことでしょう。

クレジットカード現金化は違法だという声もインターネット上に流れており、そういった文章を見ると利用を躊躇ってしまいますよね。

 

中には利用者が逮捕されるんじゃ・・・なんて心配を抱えている人もいることだと思います。

 

ですが、安心してください。

クレジットカード現金化で利用者が逮捕されたことは一度もありません。

 

現金化業者が逮捕されたことはあれど、利用者が逮捕されることはないのです。

 

ここでは、現金化で利用者が100%安全な理由をお話します。

 

現金化業者が逮捕となった原因について

クレジットカード現金化業者が逮捕された原因

まずは逮捕されてしまった悪質業者の原因から見てみましょう。 といっても、原因はとてもカンタンです。 逮捕された悪質業者は違法となる取引方法で現金化をおこなっていたのです。  
逮捕された現金化業者はどこも現金化の商品を受け渡しせずに商取引を偽装して現金化をするという取引方法をおこなっていました。  
しかし、クレジットカード現金化はあくまで利用者の商品を買い取って買取代金を渡しているというスタンスのサービスです。 それが商品がなく、決済だけしていたら取引として成り立っていませんよね。  
警察にも同じように思われて、現金化業者ではなく実質的な闇金業者として逮捕されてしまったのです。  
クレジットカード現金化では、違法な取引方法で現金化をおこなっている業者は少数ですが存在します。 安全に現金化を利用したいのであれば、こういった悪質な現金化業者は避ける必要があるでしょう。  

現金化で利用者は逮捕されるのか

現金化で利用者が逮捕されることはあるのか

では、もし逮捕された現金化業者を使っていた場合、利用者も逮捕されてしまうのでしょうか?  
結論から言ってしまうと利用者が逮捕されることはありません。 というのも、利用者は商品を購入しただけであって闇金として営業をしたわけではないからです。  
例えば、闇金から借入をしたとしても利用者が逮捕されることはありませんよね。 それと同じで現金化業者が逮捕されたとしても利用者が逮捕されることはないのです。  
トラブルを避けるためにも利用する現金化業者は見極めなければなりません。 ですが、万に一つも利用者が逮捕されることはありませんので、そちらはご安心くださいね。  

悪質な現金化業者の特徴について

悪質な現金化業者の特徴

現金化を利用するときは悪質な現金化業者の特徴を知って、そういった業者を利用しないように注意しなければなりません。  
では、悪質な現金化業者の特徴とはどういったものなのでしょうか?  
まず、始めに考えられるのが換金率です。 悪質な現金化業者の場合、実際にはあり得ない換金率をサイト内で提示しています。  
そして、取引の直前に手数料として換金率を引いてくるのです。 換金率98%などのあまりにも高い換金率を提示する現金化業者には注意したほうがいいでしょう。  
また、その他にも電話対応の良し悪しや口コミでの評判も評価の基準となります。 そういった細かい部分でも、「怪しい」と感じたならば他の現金化業者を利用したほうがいいでしょう。  

現金化の逮捕についてのまとめ

クレジットカード現金化の逮捕についてのまとめ

いかがでしたか?  
今回の記事の内容をまとめると、このような内容となっています。  
今回の記事の内容
  • 現金化で利用者が逮捕されることはない

  • 業者が逮捕されたのは違法な取引方法をしていたから

  • 現金化では悪質業者を避けることが大切

 
クレジットカード現金化では利用者が逮捕されることはありませんが、逮捕される業者を利用していた場合、警察に話を聞かれる可能性もあります。  
そうなると現金化を利用したことが回りにばれてしまったり、手間となってしまうでしょう。 そういったトラブルを避けるためにも現金化は法人運営の優良店で利用するようにしてくださいね。  
また、当サイトでは現金化利用者387人の口コミから調べ上げた現金化の優良店をご紹介しています。 こちらなら安全に現金化を利用することができますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。